Ubuntuでrbenv/rvm等導入時の注意点

結論から言うと、sudoを使ってインストールすると話がややこしくなる。apt-getも混乱の元。

  • apt-getすると/usr/binなどにバイナリが作られるが、これは$HOME/.rbenv/〜〜以下にRuby実行環境を作るrvm系のものと相性が悪い。
  • sudo gem installとすると、これまたPATHが一般ユーザのものと違って来るので思わぬところにgemが入ってしまったりする

というわけで、sudoを不要なところで使わずrbenvで環境構築した手順。

  • rvmが入っている場合は、先に削除
$ rvm implode
$ cd ~/
$ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
  • .bash_profileの編集
export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
export PATH="$HOME/.rbenv/shims:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"
  • Rubyのバージョン別インストール用にruby-buildをインストール
$ cd ~/src
$ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git
$ cd ruby-build
$ sudo ./install.sh               # ここはsudoがないと通らない
  • 好きなバージョンのRubyを入れる
$ ruby-build 1.9.2-p290 $HOME/.rbenv/versions/1.9.2-p290
....
  • 入っているバージョンの確認(下は私の場合)
$ rbenv versions                                                           
  1.8.7-p358
  1.9.3-p125
  • デフォルトで使うRubyのバージョンを指定
$ rbenv global 1.9.3-p125
  1. 好きなgemをインストール
$ gem install hogehoge
  • コマンドを伴うgemの場合は、rehashしておく(コマンド用binの生成)
$ rbenv rehash

これで$HOME/.rbenv/shims配下にコマンドが生成される。