読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイマス もやし祭りへの挑戦

去るアニメ・アイドルマスター第7話で、これまで謎に包まれていた「もやし祭り」の一端が明かされました。これを見たならばチャレンジせずにはおられまい、ということで実際に制作。
アニメの描写を見るに、マヨネーズをベースに”特製ソース”なるもので鉄板炒めをする模様。
自宅には鉄板がないためフライパンで敢行。記憶違いによりマヨネーズベースで特製ソース的な何かを作ってしまいましたが、どの道下にマヨを敷いているなら大差なかろうということで勘弁を。

作ってみた所感

もやし+ソース類という安定な組み合わせなので、今回みたいなテキトーな作り方でもちゃんと食べれるものが出来ます。のみならず、食は思いの外進みました。アニメ中でのもやし祭りの描写も白米と一緒だったように、濃い味のソースと白米が素晴らしく合います。
また、腹も猛烈にふくれます。マヨベースなので当然と言えば当然ですね。

このように案外”イケる”もやし祭りですが、それでもというかそれ故にというか、安価に高カロリーを摂取出来る貧乏料理という側面は目につきます。高槻家の特製ソースは今回のものより春香に洗練されていると思われますが、マヨネーズをベースにする限りこの性格は変わらないと思われます。週1で食卓に並べば、長介君も「またもやしかよーやよい姉ちゃんー」と文句も言うでしょう。
やよいが真に優れているのは、この料理を「もやし祭り」としてイベント化したことではないでしょうか。普通に料理として出されてはおもしろくなくても、鉄板をみんなで囲めばζ*'ヮ')ζ<あらたのしい!貧弱なもやしが目の前で高カロリー食に変わる様子を見れば、いおりんのように目も輝くというものです。革命的プロパガンダとはかくあるべし。

結論

もやし「祭り」を発明したやよいは本当に賢いなあ。やよいマジ天使!