咲個人戦編感想

ネタバレな内容なので未見の人は注意してね。
#ついったーでのつぶやきの内容を元に大幅改変加筆。140文字の時よりは筆足らずになってないはず。
今日もやられやく まとめ


個人戦編…まあこれは叩かれても仕方ない。咲と和の約束フラグがあるから2人とも通さない訳にはいかないんだろうけど、主人公ペア以外もキャラ立ってる・立ててきたのが多いのにその辺を無神経に轢き殺して行ったらそりゃ文句の一つも言いたくなる。
文句の系統は2つある。1つ目は全国編があった場合、出られるキャラが少なくなるということ。特に団体敗退、個人戦突破した選手もいない龍門淵と鶴賀は全国編が始まったら出番はないだろう。雷電は出来るかもしれないが、麻雀作品である以上麻雀での魅せ場は100%ない。もっともこれは3人だけが県予選通過可能という設定がある時点で、ある程度どうしようもない問題ではある。どうしようもないんだからギャーギャー言うなというのが咲ぶr…もとい近代麻雀生活の人の、リンク先で言わんとしているところなんだろう。


が!どうしようもない問題ではあるが、その3人のうち2人を主人公キャラにする必要性を視聴者に納得させるようには出来ていなかったのは構成の失敗だ*1
と、納得出来ない意見の系統その2、他校を蹴落としてまで主人公ペアが予選通過するほどの必然性が描写されていないよ派。個人戦一位を取らなければ転校(…なのか?団体優勝だけでもOKと解釈出来なくもないが)になるのどっちはともかく、咲はアニメでも描写があったように一緒に全国に行けるなら団体戦で十分だよねと思っていた。言われて思い出すような約束のためにモモととーかが涙を流す羽目になったのか、となると嫌味の一つも言いたくなる。作中キャラは従容と結果を受け入れるしかないから、外野から見る分にはなおさらそうなる。アニメで自分の応援してる子が、主人候補正かかってる奴へストーリー上の生贄同然にされたら腹が立つのも無理はない(自分の場合はキレはしないが絶望感MAXになるが)*2

#勝負事だから当然という声が聞こえて来そうだが、視聴者のレベルから見たらこれはショーなのであって、リアルの意味での勝負事では断じてない。現実の勝負事は往々にして「理不尽な」結果を伴うものだが、だからと言って創作の中、それも空想度合高めの少年漫画原作作品で必ずしも現実の模倣をすることはない。勝負の厳しさを描く作品ならそれもアリだろうけど、咲て別にそういう作品じゃないよね。


つまるところ問題の原因は、作中内設定のレベルでは「個人戦と全国をタイトに結びつけすぎ」、制作レベルでは「尺が足りなさすぎ」ということになる。団体戦の結果を単に主人候補正とか言い出す奴はまずいない訳で、そこへの過程をきっちり描くには話数不足だったのは明らか。団体決勝でのかじゅと池田のいい戦いっぷり、衣の「負けて始まる」という流れへの丁寧な持って行き方と比べると、個人戦は雑だったと言われても仕方ない。
作中設定で個人戦と全国を結びつけざるを得ないのなら、話数を取れるときにやる話だったよねということになる。半クール余るって言うんだったら、団体戦終了後全部水着回でよかったじゃないの。中途半端に使う位なら2期でやりゃーよかったものを…*3


まあ、すごく結果的にだが、雑魚共を蹴散らして進む咲という図は、これまで散々受け手が二次創作的に醸成してきたドSな咲そのものになってはいる。ある意味なのはさん*4が魔王化したようなものな訳で、カイジの兵藤みたいな咲というのが一つの定番二次設定になるんでしょうね。


以下雑多なこと。
南場さんはどういう意図で投入したのか確かによく分からない。個人戦のスパイスにするならもうちょっと咲を苦しめて欲しかったんだが… あ、南場さんを「どう見てもモブww」とか言った奴は表に出ろ。黒髪ロングポニテの良さの分からない非国民は南方懲罰大隊で思想改造されてしまえ。
サブキャラ枠としては部長は最高の役回りをやっていたと思うので、そこはすごく満足。アニメで部長はものすごく優遇されてる気がするけれど、何かがスタッフの琴線に触れたのだろうか。

*1:脚本の伏線の意図が読めない視聴者云々を言う前に、伏線を伏線と示せていない・納得させられない作り手の方の力量不足を指摘するのが正しい。娯楽なんだし。

*2:こういう感情を持たないための一つの方法は、自分がリア充化して有象無象を蹴散らす主人公にストレートに感情移入することなんだろうが… それだと作品を見る態度に「サブキャラ出張ってうぜーな、主人公出せ主人公」というものが混ざる訳で、やっぱりそれはねーわと思わざるを得ない。

*3:2期はないかも、みたいな焦りがあったとしても、中途半端に個人戦をやっても本当に誰得だ。企画レベルで入れることになっちゃった、みたいなことも考えられるが、それならそれで2期が作りやすいコンディションを整えるのがプロデューサーの仕事なんじゃないですかね。

*4:「なのは」だぁ?”さん”をつけろ、ハチマキ野郎