次の選挙のために、次の次の選挙のために

現在21時半ですが、大方の予想通り民主党大勝で、単独2/3超えもあり得るようだ。選挙自体はもう終わった、選挙結果予測もそう大ハズレはしないだろう、大連立みたいなサプライズが起こる余地もまずないということを考えると、これからは個別の政策について話して行くことになるんだろう。このブログは年中政治のことを書いている訳ではない・・・というか元々ひきこもり系キモヲタ日記なので、何か政治のことを書くとしたらヲタ産業/文化まわりになるだろうと思う。児ポ法とか表現規制とか。
だが、平常運行に戻る前に選挙関連のことを終わりに書いておきたい。お題は選挙自体に関わること。メディアの偏向報道についてだ。


前々から朝日あたりは「ネットは右傾化している、ネット右翼がいる」と言っている。ネット右翼なるものの実態はともかくネット以外と比べるとネットは相当”右”なのは間違いない。彼らに言わせれば、TV他大手マスコミは麻生政権を必要以上に貶めた偏向報道をしてきた。これは麻生・自民おろし、民主を持ち上げるためのものだ、となるそうだ。麻生総理自身が負うべき内容がどの程度あったのかは判断出来ないが、報道内容自体は圧倒的に麻生政権不利になる内容だったというのは事実として認定していいだろう*1
一方選挙当日(つまり今日)、ニコニコ動画は選挙特集番組を生放送している。ニコニコ動画は政治系動画がうpされると「麻生さん頑張れ!」「民主は売国」「在日は半島に帰れ」と大量のコメントがつくお国柄だ。そのニコニコ動画の運営が放送している生放送は、かなり自民寄りの内容だ(街頭インタビュー対象が恐ろしくサクラくさかったのはどうかと思う。サクラではなかったとしても、インタビューイーをニコ動ユーザ向けに選んでいたのはまず間違いない訳で、結局それは彼らが批判する既存マスコミの「偏向」の手法そのものだ)。

ここで既存マスコミやニコ生に「報道は不偏不党が原則だ!偏向報道はただすべき!」と批判してみたとしよう。ならば「偏向報道」とはなんぞやという話になる。

マスコミ*2が事実と異なる報道をしていたのなら論外だが、マスコミも特に虚偽報道をした訳ではない。だが、ニュースMADという言葉があるように、あったことを適切に選べば偏向報道はいくらでも作れる。ワンセンテンスだけ取り出して叩くというのは「貧乏人は麦を食え」問題の頃からある話だし、取り上げる政策ジャンルが外交安保に寄るか年金福祉に寄るかでも大分変わってくる。街頭インタビューなら「市民の声」として何を取り上げるかという話にもある。あったこと全ては伝えるのも受け取るのも無理なので、結局メディア側が何らかの取捨選択をすることになる。結果、例え意図していなかったとしても偏向報道が出来上がらざるを得ない。マスコミ自体の政府などからの独立性はそれなりに担保されているようだが、マスコミ自体の持っている志向は糺しようがない。不偏不党は概念上は存在出来ても、決して現実に降りてくるものではない。

世の中は色々な考え方があるのだから偏ってるのは当然だ、というのはスジ論としてはその通り。だが、マスコミのマスの用件には「寡占、かつ影響力大」というものが入っている。影響力大と言うのは、メディアの言うことと自分の考えを混同してしまうといった紋切り型の批判のことを言うのではない。「マスコミが言うことは、他人の多くが思っていることだ」と信じることだ。民放のしょーもないバラエティを見る人がなぜ大勢いるのかと言えば、みんなが見ていると確信していて話題に出来るから自分も見る、という面がある*3。ニュースでも同じ構造が多分にあるだろう。美人投票よろしく、他人の様子を推定して投票すること自体は合理的なのだが。

メディアの偏りが避けられず、なおかつその影響力が看過出来ないならどうすればいいか?一つ考えられるのが、自身の偏りを常に明示することだろう。
参考出品 アンサイクロペディア

この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
例えば「赤旗共産党機関誌)」を読む人が共産党員以外なら、フィルターがかかっているという前提で色眼鏡をかけて見るだろう。ならば中道寄りであっても、「支持政党のあるマスコミ」という色眼鏡で見ることは出来ないだろうか?可能なら政党から金をもらうことを義務にした上で、TVならニュースの前に”スポンサー”を明示、新聞なら1面の何%かを支持政党を表明する義務の欄にするといいのではないか。ネットメディアでも、人手の割合の大きいYahooやニコ生なんかは(どこに表示するかは考えどころだが)表示義務を同様に課す。こうすれば、「他の人はみんなこう考えている」が「この政党を指示する人はこう考えている」と美人投票の範囲を幾分狭められるあずだ。
今回はマスなメディアの事を念頭に書いたが、個人ブログでも可能ならこの手の偏りを表明した方がいいと思う。なので自分は選挙期間中は一番上にポリティカルコンパスとボートマッチが表示されるようにした。これらが自分の偏りを示すベストな方法だとは思わないが、何も書かないよりマシだろう。自分の偏向をもう1つ付け加えておけば、今回の選挙では選挙区自民・比例自民に入れた。そういう人間の書いたことだという前提で、このエントリも読んで頂きたい。

*1:ここで言う不利な内容は、自責だろうが捏造だろうが区別していない。とにかく政権支持率が下がるようなニュースの分量比だけを言っている。

*2:影響力の高い媒体、既存マスコミやニコ生、ポータルサイト等。個人ブログ等もメディアはメディアだが、今回あまり問題にしないので特に断らない限り除外する

*3:なので自分みたいなアニメとニュースしか見ない人間にバラエティの話題振ってくるタコがいるのだ。