読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反論の反論(農政についての話の続き)

エントリタイトルに反論の単語はいくつ目まで増殖するのかなあ。
http://d.hatena.ne.jp/kirik/20090829/1251484748
このエントリ単体で読んでも意味不明なものになっているので、この議題を元々追っておられる方かヒマな方向けとなっております。自分の書いた最初のエントリは http://d.hatena.ne.jp/tackman/20090828/p1 をどうぞ。

公平性の件は経済的な合理性から民主主義の一票格差の話に飛躍しているのが、かの論述の問題点だろうと思うが。

一票格差・・・というか投票率まで含めた有権者の有効人数の話にしているのは問題だと思ったので、その旨は前のエントリにも一応書いている(自分は一票格差自体も開きすぎだとは思うが、今回の話でそれを農政と結びつける気はない)。そういう意味でid:Chikirinの件のエントリは、釣りというか煽り過ぎだとは思う。
ただ、(釣った結果見せている)農政問題の内容自体は全否定されるようなものではないはずだ。かなり主観的な見方だが、ちきりん氏のエントリは民主主義の罠というフレーズで釣って農政問題についての提起をしているように感じた。一票の価値のくだり*1については釣り餌以上でも以下でもないと思ったので、悪質とか言うよりもそんな餌に釣られクマーという以上の感想は無かった。で、農政問題について書いているエントリなのは間違いないので、その点を重視して昨日のエントリを上げたわけです。

[引用]「農業収入が主な主体の集約化は進んでいる」と微妙に誤魔化しているが、このセンテンスが真だとしてもそれを以て小規模米作はいないかの如き前提を示したことにするのは問題だ。
意味が分からない。小規模米作が何でいない前提になっちゃうの?

元エントリ http://kirik.tea-nifty.com/diary/2009/08/post-989f.html では、米作の集約化進んでいるから非効率な小規模農家は些末な問題ですよ、と言っているように読めたのだが。id:Chikirin氏の出した規模別農業所得のデータは米作限定の話とのことだが、100万戸もあるところを問題視するのは論点ではないのか?彼らは農業が主な収入ではない訳で、農業メインの方々が効率的になっていっているのとは違う問題ではないかと。なので、

問題とすべきは、偽装農家状態で補助金をせしめている自称就農者をパージする仕組みがなく、結果として不公正な農政が引き続き行われていることであって、そういう意味では民主党の農業政策は戸別補償を持ち出した時点で55年体制時代の自民党農政と大差ないと思っている。

ということ自体には同意するが、「偽農家」とは誰を指して言っているのだろうか?耕作放棄地をカウントしている連中は当然含めているとは思うが、数アールしかないような土地で実際に農業自体はやっている人たちはどうなるだろう?中途半端な田舎に行けばこの程度の、家庭菜園に毛が生えたような畑はかなりある*2。形式論で言えば「立派な農家ということになります。」だろうが、この辺だってパージすべき対象ではないのか。半分趣味でやっているのを積極的にやめさせろとまでは言わないが、補助金を使っていいとも思わない。

論述するにあたって、同パラグラフで論理構成を組んでるなら問題だが、ちゃんと段落分けして論じてるんだから、それは言いがかりだろ。

段落分けても「一理ありますが・・・」と引っ張っていては台無しかと。
その前後で一旦切れているにしても、アメリカの如き大規模農業での小麦や大豆を持ち出すのは論点が拡散しすぎとしか。ちきりん氏が問題にしているのはそれ以前の前の話、農業単体であんまり儲ける気がない人たちを見て言っているはず。

「非効率な農家には退場して頂くとか言い放った政党に覚えがない」そうだが、戸別補償に関する地方首長選の議論とか、たぶん読んでないのだろう… 

すんませんそれは読んでません。国勢選挙しか頭にありませんでした。が、引用している毎日の記事による自民党の投票行動分析では、「山間の兼業農家」に補助をと言っている訳で、これだとちきりん氏の主張の補強にしかならないような。


と、ここまでだらだら書いてきて、前のエントリ上げたときに何を「ズレ」ていると感じたのかようやく分かった*3

  • ちきりん氏の主張:小規模で赤字、農業自体の将来性のない農家への補助金はおかしい
  • 切り込み隊長の反論:小規模でも果樹園等の生産性高いのもあるし、水田米作で儲かってる・儲かろうとしてるところは大規模化進んでいる

と(自分の理解では)なっているのが原因だったようだ。隊長の反論は、ちきりん氏が槍玉に挙げた赤字農家群とそれなりの収益性のある小規模農家がオーバーラップしていることを示さないと無効ではないか。そうだと言うのなら、ただ肯定して頂いて結構。ソースは自分で探すんで*4。もっとも隊長自身ちきりん氏が持ち出した統計は真正なものだとは言っているが。

*1:戸数から世帯あたりの人数、子供の数、投票率をかけ算していくのは雑に過ぎすぎる。あの計算自体を鵜呑みにする人はあまりいなのでは

*2:僻地の農業は実物あんまり見たことないのでとりあえず言及は控える。自分の認識では、補助金込みの農業しか生計がないような限界集落があったとして、そこにお金をどの程度つぎ込んでいいのかということなのだが。

*3:何がズレているのか、サブタイトルに書いておきながら明文化していなかったというのは論外ですねすいません。

*4:最初から自分で探せって?無いと信じるもののソース探せるほど強い心は持っていない。