咲-saki- 12話見た

地味に神回というか地味な神回でした。

  1. 部長がジゴロ過ぎるww 「知ってる?ルビーとサファイヤは・・・」ってどんな口説き文句だソレ。キャプテンが風越をあまねく照らす聖母から恋する乙女になってるが、まあこれはこれで。
  2. 全体的に台詞間のテンポが良かった。台詞と台詞の間が長めだと個人的にはは間伸びして感じるんで今回くらいでちょうどいい。数十フレーム以内の差だとは思うけど、結構気になるんです。
  3. 咲が走ってのどっちに声かけに行くシーン、アニメならではのお約束だけどいい追加。走っていくところに階段飛び降り+カメラワークは基本ですね。やり過ぎるとクサくなる演出ですけど・・・
  4. 百合分原作比160%。ラストのはじめととーかの会話での動きがやり過ぎなくらい細かい。手を重ねるのも原作にない追加。冷静に考えたらあざといですが、そもそも咲はこれでもかというくらいにエサ撒きまくり釣り針垂れまくりの作品なのでこれで正しい。
  5. 次回予告アカギキタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─!! 「深いんだ・・・それだけ・・・京ちゃんの妄想<リアル>がっ・・・」これは使える。

直接関係ないけど薄荷屋の咲同人総集編がいかにも二次創作って感じでよろしい。近所に同人ショップある人は買ってみたらいいかも。全年齢。腹黒キャプテンとか池田ひろってくださいとかももかじゅとかパンツというものに根本的認識が欠けた世界では何が起こるのかとか。
(↓本の内容ネタバレです)
ストパンでパンツ常時見せは達成されたから、次はパンツを頭からかぶるアニメが待たれるのか。