角界がなんか騒がしいらしいですね

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2009/02/post-fea1.html
切り込み隊長が最近の相撲界の話題について触れていた。感じ方が自分と非常に近かったので貼ってみる。裸のデブを抱き合わせているから卑猥だというのは欧米脳過ぎるとは思うけど。本物のゲイでもないと大相撲を見て性的興奮覚えたりはしないと思う。
江戸時代は多分切り込み隊長の言うようなスポーツというか見世物だったんだろうね、相撲も。「国技」って言うから国の顔に相応しい云々が必要だとか思う人多そう。相撲は国技とかいつから言い出したんだろう?民法で朝昇龍のガッツポーズは神への捧げ物としても相撲に相応しくないとか言ってたコメンテーターがいたけど、外国人力士を強いから入幕させて昇進させてるとなると日本的な伝統云々言うのは無理でしょ。まあ野球やサッカーでも流石に薬物使用とかあったらそれなりに騒がれるだろうけど、今回の話みたいにNHKが7時のニュースのスポーツタイムでもないところで延々流したりはしなかったろうに。
だからって国技の称号返上してもっと衆俗な形で興行します!っていうのは現実的じゃないんだろうなあ、少なくとも今のところ。失うものが少なくなればそういう方向に転進もありなんだろうけど、今退いてもかなりの損失だろうし。番付は力士としての風格優先で(つまり強さではなく)決めるというアプローチもあると思うけど、それは流石に活力が無くなるだろうなあ。外国人力士は真っ先に逃げるだろうし、日本人でも入りたがる人少なくなりそう。何より見てるほうが面白くないだろう。現実的なところでは強さのものさしとモラルのものさしを適当にバランスさせていって、どうしようもなくなったら総合格闘技みたいにしますっていうのが相撲協会の取れる戦略なんだろうか。