読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Civ4 EARTH18CIVSを観戦

シヴィライゼーション4 完全日本語版 価格改定版

シヴィライゼーション4 完全日本語版 価格改定版

EARTH18CIVSは現実の地球もどきのマップで無印版18文明がBC4000から一斉スタートするというシナリオ。シド的解釈での地球の歴史はどうなるんだろうという実験・・・というよりAIの動きをニヤニヤ眺めてみようという試み。
観戦モードがあればいいなーと思っていたんですがないようなので、一番他に影響与えなさそうな日本をプレイヤーにしてひたすら1都市ひきこもりプレイ。孤立しているという点で他にイギリスとインカが候補にありましたが、イギリスはお隣に近すぎるので除外、インカは南米を開拓できたときのポテンシャルは高そうなのでAIに任せてみることに。まあAIアホだからアンデスの西側しか拓かないんですが・・・
という訳で以下一種のAAR。
というわけでプレイヤー日本、AIは天帝。OCCやるわけじゃないのでワールドビルダー使って余裕で生存できるようにします。

最初に栄光ありすぎて孤立した日本の図。本土全域に機械化歩兵を敷き詰めて周辺海域も戦艦で敷き詰めてみました。これを陥としたかったら核でもいるんじゃないですかね。
ついで、観戦モードが存在しないので他国の様子を知るには視界が必用です。というわけで、スパイを世界中の陸という陸にばら撒きます。通常ユニットでは触ることが出来ないのであまり影響はない・・・はず。海は面倒なのでパス。広いし、その割りに陸ほど重要じゃないし・・・
ついでと思って技術全部も日本に収得させたところで誤算が。

宗教のことをすっかり忘れていた・・・全ての宗教は日本起源ニダ!まあその後他文明にもちゃんと伝わったのでよしとします。
気を取り直して本編開始。
まあ序盤はそんなに波乱があるわけもないのでぼーっと眺めています。・・・って、BC3500で第二都市作ってる文明あるんですが。え?何か自分違うゲームやってる?
世界で一番最初に事を起こすのはどこかなーと思っていたところ、BC1800にフランスがスペインに宣戦。うん、四方をイギリスドイツローマスペインに囲まれてて拡張の余地がないのはよーく分かる。で、その中でスコア最低のスペインを狙った、と。実に真っ当な戦略。でもやっぱりルイ14世は好戦的だなあと思わざるを得ない。

寄せ手のフランスの編成。脇目も振らずに軍拡したってのがよく分かりますね。スペインの都市はマドリードしかないので落とせるか落とせないか博打の一発勝負・・・なんだけど流石に天帝AI、スペインも同じくらいのスタックを首都に積んでいました。当然防御有利なので攻撃部隊は全滅、失敗したならさっさと停戦すればいいのに以下お互いに1〜2ユニット出してはつぶしあう果てしなく不毛な消耗戦を1000年くらい続けてました。後で見たところ最初の攻勢のときにパリに結構な部隊がいた模様。それも全部突っ込めばあるいは成功したかもしれないのに・・・失敗したら滅亡するけど。
フランスとスペインの不毛な馴れ合いを横目で見ていたら、チンギスカーンにドイツとの戦争に誘われた。観戦プレイなので当然スルーしたけど、はてモンゴルとドイツって隣接してないよなと思ったところ、BC700にローマがドイツに宣戦、同時にモンゴルもドイツに宣戦。なるほど、主犯はローマか。

が、軍事力のスコアはローマの方が高いはずなのに首都の折角のプラエトリアンが動かない。あるぇーと思っていたらベオグラード(ゲーム中ではAntium)がドイツに取られる。結局ローマはいまひとつぱっとしないままベオグラードを取られて停戦、ドイツはスコア最下位脱出、ローマは最下位転落。・・・んー、ヘタリアの呪い?
仕掛けられた割にはうまうまだったドイツだが、真の受難はこれからであった。SSにも写っているけれど、ドイツとロシアは共に黒海へのアクセスを争う仲。ボッシュとイワンが仲良く出来るわけもなく、BC400(くらい)にロシアがドイツに宣戦、華の独露戦開幕。・・・なんだけど、まあ東は完全に空白地帯で拡張し放題のロシアと西にフランスと首都同士で国境を接し、南もすぐローマの来ているドイツでは国力が違いすぎました。WW2時と違って独逸の技術は世界一ィィィィイ!って訳でもないしね。っていうかCivでは大体国土の広いほうが技術力も高いし。そういう意味でタイマン勝負だと逆立ちしても小国(面積的な意味で)は大国に敵わないんだよなあ。立地ゲーと言われる所以ですね。

あっさりオデッサ(Hamburg)が陥落、何故かモスクワの東側にあった飛び地も落とされました。残り2都市、これ滅亡コースじゃね?
と、ここまでプレイ。続きは・・・あるのか?