ローマ人の物語

ローマ人の物語 (15) ローマ世界の終焉

ローマ人の物語 (15) ローマ世界の終焉

RES GESTAE POPULI ROMANI,読了。このシリーズは「いかにして」ローマが生まれ、栄え、滅んでいったかの過程を書いたもの。故に、短くまとめることはできない。『ローマ人の物語』を味わいたいなら、今すぐ文庫本を買うか図書館に行って一巻を入手すべき。
ローマというと帝政だとか滅亡だとかいった先入観で拒否する人も少なくないが、そういう人にこそこのシリーズを読んで欲しいと思う。日本人はローマに対してややアレルギーを持ちすぎている感がある。そして、「結果」だけを見れば「現代では滅びてしまった文明・帝国」にすぎないが、過程を追ってこそ分かる偉大さがあり、脆さもり、ひいては「現在」に繋がってくるモノが見えてくるのだから。
もちろんこのシリーズは塩野七生という個人のフィルターを大いに通してはいるが、それでも何も知らないよりは一つの史観ででもいいから知っておいた方がいい。それにこのシリーズでは著者がローマ初心者へのよきガイドになっているので、ローマ史という旅をするのにこれ以上心強くて楽しいことはない。