整理してみよう

いいか、落ち着けtackman・・・落ち着いて単位を数えるんだ。1.5、3.0、4.5、7.0・・・
まず認定試験。これは合格点なんか明示されてないから全力で当たるしかない。当たって砕けらその時点で終わりだが、まあいい。
専門必修。こいつは落としたら即駒場返しなのでこれまた全力で当たって砕けるしかない。一応出席してるし。
次に限定選択。工学部便覧引っ張り出してみたら3年で取得できる限定選択が21単位、卒業に必要な単位が24、卒研配属に必要なのが16。つまりッ!3年で限定選択全部を取る勢いで逝けば駒場では3単位だけでいいんだッ!な、なんだってー(AAry
で、駒場の限定選択をどこで取るか。プログラミングはレポートの期日が認定試験とかぶってるのでパス。ディジタル回路、これは過ぎたことなのでなかったことにする。っていうか多分落とした。ディジタル回路落としたの自分くらいじゃなかろうか。電気電子計測は教官(と本人が書いた教科書)が決定的に肌に合わないんで多分落とす。試験は受けるけど。電子デバイス基礎、これは後半出席してないのが辛いが一応勝負に出てみる。エネルギー工学、出席はした、あとは講義資料見返してこれも博打っぽい勝負。数学ID、内容的には結構厳しいけど出席点に微分方程式くらい解ければ単位は来るはず。コンピュータアルゴリズムは沽券に関わるので落とせない。電子基礎物理は量子力学パートが好調だったんで単位は来るだろう。杉山教官ありがとう。
まとめると安牌6、勝負3。なんだ、意外といけるじゃない。
まあ妄想乙ってことで。こんな計算でもしなきゃやってられませんよぅ。